レーシック手術に踏み切る前の情報収集は重要

最近、レーシック手術による視力回復が話題となっています。

レーシック手術は角膜矯正手術であり、角膜にレーザーを照射し、近視を治す手術のことを指します。

レーシック手術がもたらすメリットは大きく、何よりも近視を治すので、
メガネやコンタクトレンズがなくても視力が戻るということです。

スポーツ選手も行っている手術ですので、運動時の視力が回復します。
術式自体は簡単なものなので、日帰りで終わります。

しかし、このレーシックがもたらすデメリットが問題となっていることも確かです。

まず、保険が適用されないため、高額な医療費がかかってしまうということ。そして術前の説明が不十分であったり、術後の経過がおもわしくなく、ドライアイや目まい、光がまぶしく感じるなどの不快感を訴える人もいます。

角膜にレーザーを照射するということは角膜そのものを削る行為であり、そのことに対して説明が不十分な眼科医がいることも問題とされています。

正しい知識を持った医者がしっかりと事前説明を行い、その上で後遺症などが起こらなければ良いのですが、
近年ではそれらの対処を受けられないまま放置されている「レーシック難民」が発生しているのです。

レーシック難民とは、レーシック手術を行ったあとに後遺症が発生し、その治療を受けられずにいる人たちのことで、
目や体に症状が出ているのに適切な治療がなされず、鬱状態になったりしている人たちがいます。

また、ここ数年で出てきた手術法のため、長期間に渡り収集されたデータというものがありません。
そのため、日本の眼科医全体でも、レーシック手術に対して賛成と反対が半々という状況が続いています。

ただし、レーシック手術においてこのようなことが起こっているのは、我々の認識不足が招いている側面もあります。
レーシック手術をすれば何の合併症・後遺症もなく、簡単に視力が回復すると考えている人が想像以上に多いのです。
手術をするということは、メリットはもちろん、デメリットについてもきちんと理解しておくことが望ましいのですが、
そういった知識を知らないまま手術を望む患者さんがいたり、説明が不足している医師が多いのです。

そのようなことを避けるには、まず手術前に情報を収集することが第一です。
ネットの体験談だけでなく、Twitterやフェイスブック、眼科医のサイトを巡ったり、身近にレーシック手術をした人がいれば体験談を聞いたりするのも良いでしょう。