料金によって変わるレーシック手術の内容

レーシック手術の費用は病院やコースによって変わってきます。もっとも安いコースで5万円、高くでも40万円といったところが相場でしょう。ではそれぞれの価格帯別で手術の特徴を書きたいと思います。

価格帯別で見るレーシック手術の特徴

女医

・10万円以下のコースの特徴
最安値は6万円からできる庶民派のレーシックです。どの価格帯も同じですが、片眼は○万円、両眼なら○万円と分かれているケースがほとんどです。 片方の視力だけ悪い方にも対応してくれます。

低価格帯で気を付けたいのは、大手のクリニックではないけど安いパターンです。聞いたこともないクリニックでは、手術の信頼性、設備、衛生環境など良く調べて見ないと怖いことになりかねません。その点大手なら安心が担保できます。大手が安いのは客引きの目的ももちろんありますが、患者がたくさん来ることで回転が早くなり、治療法を確立することができるため効率も上がり、それらの理由によって費用を下げることができるからです。

そしてもう一つのデメリットは保証期間が他の価格帯に比べて格段に短いこと。概ね1年間の保証しかしてくれません。もし保証期間を過ぎて視力が戻ったり、眼の調子が悪くなったとしても、新たに再手術の費用を支払う必要が出てきます。保証期間のあるケースはまだよく、ないものもあります。その場合、再手術=費用発生となりますのでご注意を。

・10万円以上20万円未満のコース
通常のレーシックではなく、イントラレーシック術(特殊なコンピューター制御のレーザーで精密にフラップを作る)をメニューとしいるのがこの価格帯です。通常のレーシック術よりも、強度の近視を矯正することが可能となります。保証期間も10年以上のクリニックが多く、再手術費用が無期限無料のサービスを行っているところもあります。

・20万円以上のコース
最新機器やレーザーを使った手術が受けられる価格帯です。屈折異常を矯正するエキシマレーザーによる手術もその一つ。30万円以上の費用になるとアイレーシック(アイデザインレーシック)と呼ばれる術法が受けられます。アイレーシックは簡単に言えば、最新のイントラレーザーやエキシマレーザー、そして特殊なスキャナーを用いてひとりひとりの目の形状に合わせ、より精度の高い手術を行うのがワンパックになったものです。

re「アイレーシック」という術法にライセンスが発生し、そのライセンス料が掛かるため高額になっていると言われています。

というわけで、レーシックの費用は使う機器によって違う=精度が低価格のものより高価格の手術の方が上がると言っても過言ではないかもしれません。レーシック手術で後悔しないためにも、費用はケチらずに納得のいく手術を受けたいものですね。