レーシック手術後にやってはいけないこと

術後の目は非常にデリケートなので、ある程度回復するまで安静にしておくのが一番です。
レーシック術を受ける前、もしくは後にお医者さんから必ず説明があるかとは思いますが、手術を受けた直後にはやってはいけないいくつかの事柄があります。

とりわけ女性が気を付けなければならないのは目の周り、アイラインやシャドーなどのアイメイクです。

手術を受けた後の目に万が一道具やパウダーに付着した雑菌などが入ってしまうと、感染症を引き起こす恐れがあります。
なので3日くらいはアイメイクなしが良いでしょう。

刺激が強い、とくにアルコールの入った化粧品も目の周りに塗らないように注意しましょう。
シャワーは翌日から浴びることができますが、手術当日は避けましょう。
術後しばらくは目にシャンプーや水が入らないよう細心の注意が必要です。

つまりはシャワーを浴びている間中、ずっと目をつむらなければならないため、一人で入浴するのは厳しいかもしれないですね。

あとは運動を避けること。手術当日はとくにダメです。安静にしていましょう。
激しい運動に関しては1週間後を目途に行えますが、やはり目をケアしてゴミが入ったり、顔にダメージを受けるスポーツを行わない方が良いです。

レーシック難民という言葉を聞いたことがありますか?


レーシック難民という言葉を聞く機会があるかと思います。

これは具体的に用語として認められてるわけでなく、いうなればスラングのようなものですね。

意味するところはレーシックの手術後、眼や身体などに問題が起こっているのに適切な手術を受けられない、もしくは受けても改善することができずに病院をあちこち回る人のことを言います。

具体的には、眼が疲れやすい、頭痛がする、目が異常に乾く、目がしょぼしょぼする、ドライアイがきつくなったなどの症状も含まれます。

レーシックのクリニックでは症状の原因が、術後経過の臨床例がすくないため、「様子をみましょう」としか言えないケースが多く、つまり問題解決のための治療が受けられなくなるわけです。

なぜこうしたことが起こるかというと、手術の失敗などではなくたとえば視力1.5を目指すために、どの患者にも同じ手術を施すことで起こり得る場合もあるということです。

つまり、一人一人目の形が違うのに、アベレージと効率化、低価格化を目指した結果、角膜を削りすぎたり、過剰矯正してしまったりということが起き、 その弊害として患者が目の違和感を抱えることになってしまうことが指摘されます。

削りすぎた角膜は戻らないので、非常にデリケートで深刻な問題に発展しうること、レーシック難民はそうした問題を内包しているといえるでしょう。