レーシックの仕組み

レーシックとは角膜屈折矯正手術の一種です。この場合手術に使われるのはメスではなく専門のレーザーです。このレーザーによって角膜を削ることで屈折率を調節し、視力を回復させます。流れとしてはまず目の角膜の表面を切開してふたを作ります。それをめくって角膜実質層をレーザーで削っていき、屈折率を調節していきます。その後ふたを戻し、手術終了です。手術にかかる時間は20分程度です。たいていの病院は術後すぐに帰宅することを許可してくれるために入院する必要はほぼありません。視力の矯正には術後から1日程度の時間を要しますが、それが安定するまでには約1週間から1ヶ月かかることがあります。たいていの場合、視力は1.0以上に回復します。レーシックを行った翌日から通常の生活を行うことができます。しかし視力が安定していないために激しい運動は避けるようにします。

手術にかかる費用は?

この手術にかかる費用は医療施設により異なりますが、たいていの場合は10万円から20万円程度です。
当然ながら術後はメガネやコンタクトレンズを着用する必要がなく、手間が省けることやそれにかかるコストが削減できるという理由でレーシックは多くの人からの人気を得ています。しかしレーシックを行う前に考慮しなければならないこともいくつかあります。まずレーシックによる合併症の報告がいくつか寄せられているということです。術後に視力が回復したものの夜になると光がはっきりと見えず、周りにぼんやりとしたものが常に見えるようになってしまうハロー現象や、光が常にまぶしく感じられてしまうグレア現象、そして目が乾いてしまうドライアイなどに悩まされる人もいます。たいていの場合これらは一時的なもので、時間が経つにつれて改善されていきます。しかし中には時間が経っても改善されず、これらに悩まされ続けている人もいます。また角膜が薄い人はレーシックができないこともあります。そしてレーシックによって視力が回復できたからといって、視力が再び低下しないという保障はありません。その際に角膜が厚い人は再度レーシックを行い、視力を矯正できますが角膜が薄い人は再手術ができないこともあります。こうしたことを事前に考慮し、医師の診断のもとレーシックを行うべきかを決定することが望ましいでしょう。いずれにせよ、このレーシックによって多くの人が視力を矯正することができ、メガネやコンタクトレンズの煩わしさから開放されています。